鉄道フェスティバル2017(日比谷公園)に、2歳子連れで行ってきた。思った以上に楽しめて、親子ともに大満足でした。

旅する子連れライター・ユウタです。

既に別記事でも書かせていただいた通り…

記事を見る 鉄道フェスティバル2017(東京・日比谷公園)に2歳子連れで行く際の、遊べる3つのポイントをまとめました

実際に、『鉄道フェスティバル2017(日比谷公園)』に、2歳子連れで参加してきました。

  • 鉄道フェスティバル2017当日の、混雑状況やその他
  • 2歳子連れで、実際に楽しめたのか?
  • ご飯をゆっくり食べることは出来たのか?

等、子連れ観点で記事を書きますね。ぜひ、鉄道フェスティバル2日目や、来年以降の参考にしていただけると幸いです。

リンク鉄道フェスティバル 2017 in 日比谷公園の、イベントスケジュールはこちら

リンク鉄道フェスティバル 2017 in 日比谷公園のマップはこちら

スポンサーリンク



鉄道フェスティバル2017の開催場所は、日比谷公園。行き方を解説

まず、鉄道フェスティバル2017の開催場所は、『日比谷公園』です。

階段の続く東京メトロの地下を歩きながら…

A10もしくは、A14番出口から地上に出ます。ちなみに、エレベーターはA10・A14付近にありません。

もし、エレベーターを使って地上に出る場合は、「A9番出口」を目指してください。そちらに、エレベーターがあります。

さらにA9番出口付近に「日比谷マリンビル」という建物がありますので、そちらからエレベーターに乗り、地上を目指してください。

地上に出るとマップがあります。そのまま真っすぐ進むと…

見えてきましたね。ベビーカー置き場もすぐに見えてきます。

まずは、きかんしゃトーマスキャラクターショーを見る。が、息子10分で飽きる…(笑)

で、ベビーカー置き場のすぐ近くにステージがあり、ちょうど12:05開催の『きかんしゃトーマスキャラクターショー』が開催されるところでした。

お、既に階段の向こうには人だかりが…。

うおーーー、もう既にすごい人ですねー。当然ながら座るところはありません。

左右どころ見ても、立ち見だらけ。ちなみにウチも立ち見です。

当たり前ですけど、子連れのパパママが多いですねー。しばらくすると…

あーーーー、トーマスに出てくる車掌さんだ!

お、そうこうしているうちに、トーマスが出てきたぞ。

おお…マジで動いた…。リモコンかなにかで動かしているのかな?

お、ヒロが出てきた。

どうやらトーマスは、自分が仕事が出来ないことに対して悩んでいるらしい。

で、バリバリ仕事しまくるヒロに憧れ、そうなるために頑張るというストーリー。をいをいトーマス、ヒロは日本人だぞ。社畜になりたいのかね。

 

ちなみに、動画版もあります。全てを収録しているわけではないですが、「きかんしゃトーマスキャラクターショーってどんなものなのかな?」という参考にはなるかと思います。

 

そんなトーマス・ヒロのやり取りを見ていた息子が…

 

「あっち」

と、キャラクターショーとは全然逆方向を指差し始める。飽きたか…約10分ほど(笑)

やっぱりまだ言葉が完璧ではないうちは、ストーリー性のあるものはあまり興味が無いかな?

スポンサーリンク



鉄道フェスティバル2017(日比谷公園)の、子供が喜ぶ物販をご紹介

トーマスショーを終えた僕らが次に向かったのは、噴水をぐるっと囲った物販スペース。

ざっと一覧にすると、以下の通り。

鉄道フェスティバル2017・ブース出展する鉄道会社一覧
  • 東京メトロ
  • 東武鉄道
  • 西武鉄道
  • 京成電鉄
  • ひたちなか海浜鉄道
  • 上信電鉄
  • JR東日本
  • 東京臨海高速鉄道
  • 湘南モノレール
  • 新京成電鉄
  • 横浜シーサイドライン
  • 江ノ島電鉄
  • 山万株式会社
  • 大井川鐵道
  • 阪急電鉄
  • 京阪電気鉄道
  • 叡山電鉄
  • 弘南鉄道
  • 長野電鉄
  • JR西日本
  • JR北海道
  • JR九州
  • JR東海
  • アサミズカンパニー
  • オークコーポレーション
  • JR貨物
  • ネコ・パブリッシング(鉄おもの会社)
  • 名糖産業
  • 日宣
  • JINS
  • 交通新聞社
  • 立誠社
  • 大日本印刷
  • 凸版印刷
  • キヤノンマーケティング
  • 関東鉄道協会
  • 鉄道・運輸機構

まだいた気はしますが…ちょっと多すぎて全てを把握することは出来ませんでした(笑)

まあ分かってはいたことですが…物販が一番、売る側も買う側も熱気にあふれていましたね。

すごいひどだかリ。さて、そんな中…2歳の息子の興味を引いたブース・グッズをご紹介していきますね。

【JR西日本】京都鉄道博物館グッズや、ミニ電車等

まず息子の目に止まったのは、JR西日本のブース。

なかなか魅力的な商品、揃ってます。

ちょっとこの小さい電車たち、ほしいかもしれない(笑)

チョロQも売ってるんですねー。

【関東鉄道協会】きかんしゃトーマスレジャーシート

お次は、関東鉄道協会のブース。

「かんとうみんてつ」と書いているのが目印です。かなり目立っているのですぐに分かるかと!

で、「かんとうみんてつ」と「みんてつ館」の前あたりに、ボードを持ったお兄さんがウロウロしているのですが…

その人のボードには、「駅奪取というアプリをダウンロードしたら、きかんしゃトーマスレジャーシートをプレゼント!」と書かれていました。

なので、早速お兄さんの指示に従い、「駅奪取」をダウンロードしました。

正直…何のアプリなのか?は、この時点ではよく分かっていません(笑)

で、ゲット。その中身は…

こんな感じのレジャーシート!良いですねーこれ!これは今後もかなり活用できそうですね。

にしてもアプリダウンロードだけでこんなに豪華なものもらっても良いのかしら?ちょっとアプリ利用してみようっと。

【PASMO協議会】PASMOのキャラクター

ここは、商品というよりは…

この、PASMOのキャラクター(笑)妙な動きが息子の評判をかっさらっていきました。

PASMOブースでは、

  • マグカップ
  • コースター
  • イヤホン
  • パスケース
  • 卓上カレンダー

が販売されていました。

【鉄道・運輸機構】プラレールが走っている!

あと、こちらの『鉄道・運輸機構』ですが

その人だかりの真ん中には…

プラレールが走っていました。まあ当然ですが、うちの息子に限らず男の子はみんなプラレールに釘付けですわな(笑)

【アサミズカンパニー】鉄道帽子や、鉄道Tシャツ

お次は、こちらのブース。

真っ先に息子が「こまち!!!はやぶさ!!!」と、Tシャツをみて反応しておりました(笑)

いやあ、これ欲しかったのですが…少しサイズが合わないんだよなあ…。

あとは、帽子や鉄道系の商品の数々。バッグも結構いいですよねえ〜。

こちらも同じブースだったかな?子供用の商品も、こんな感じでたくさんあるのが良いですよね。

いずれは、帽子なども欲しいなーと思いました。オンラインでも購入できるので、そちらを利用する感じですねー。

 

【JR九州】車掌の格好で記念撮影+インスタ登録で記念品プレゼント

お次は、JR九州のブース。JR九州のブースでは、あの「ふうさんグッズ」も売られていました。

こんな感じの、変なキャラクターが居るんです(笑)

ちなみに、奥さんがこのキャラクターを気に入っていて「ああ、ふうさんかわいい…!!!」だそうで(笑)

で、そんなJR九州のブースでは、「インスタに登録したらJR九州下敷きプレゼント」という事をやってました。

で、登録したら…

 

ゲット!デザインがかなりかっこいいですよね。ちなみに下敷きと言ってもプラスチックではなく、紙製です。

まあ、息子はかなり喜んでいたのでいいか。

あと、こんな感じで車掌の格好をして記念撮影も出来ます。本人は何が何だか良く分からない感じですが(笑)

ただ、あとで写真を見せてあげたら「おおおー!!」と、喜んでいましたよ♪

【JR四国】アンパンマンとのコラボグッズ

JR四国では、アンパンマンとのコラボグッズを取り扱っていました。

そうそう、四国では「アンパンマン電車」「アンパンマントロッコ」が走っているんだよねえ。その関係でコラボグッズがあるみたいですね。

これもまた、いつか行ってみたいですなあ。

【JR東日本】ペンギングッズ

JR東日本のブースでは…

これ。なかなか可愛いですよね。個人的にはタンブラーなんかがほしいなと思った一品です。

息子は、電車がプリントされたコップが欲しいみたいでした。

ネコさま…?!

あと、全然ブースでもなんでもないのですが…鉄道フェスティバルの看板の上に、ネコが乗っていました(笑)

これ…下にタオル敷いているので、もしかしてどこかのブースの人が、看板猫ちゃんを乗っけたのかな??真相は分からないまま…。

ま、何にせよ可愛いですよね(笑)大人も子供も、この猫ちゃんを前にメロメロでした。

 

 

とまあ、物販ブースの紹介でしたが…これが意外や意外、大人も子供もかなり楽しめました。

各社グッズを見ているだけでも全然飽きなかったですね!もっとあっさり見終わると思っていたので、これは良い誤算でした。

スポンサーリンク



鉄道フェスティバル2017、2歳子連れで遊べる場所はあったが…どれも大行列涙

あと、子供が楽しめるアトラクションみたいなものも、鉄道フェスティバル2017にはありました。

おもな子供が楽しめるアトラクションは、

  • トーマストランポリン
  • ミニSLトーマス乗車

の2つ。

トーマストランポリンは、なんと60分待ち…(笑)

日比谷公会堂の方面に向かうと、巨大なトーマスが見えてきます。

なんだろうなーと思い、近づいていくと…

なんと、単なるオブジェではなく、トーマスの中に入って楽しめるトランポリンでした!

「見た感じ、そんなに並んでなさそうだし、これなら行けるんじゃね?」と思いきや…

「只今の待ち時間60分」(笑)

いや、トランポリンで60分待ちは流石にキツイ…これは即断念。息子がダダをこねなくて本当に良かった(笑)

ミニSLトーマス乗車は、見るからに大行列。

で、恐らくアトラクションの目玉はこちらのミニSLトーマス乗車。

こんな感じのトーマスが…

レールに沿って動いてきます。大体1回につき10名前後が乗っている感じですね。
こんな感じで、シューッと。

しかし、息子はすこぶる興味がなさそうだったので、こちらも結局乗らずじまいでした。

恐らく乗るとしたら90分くらいは待ったのではないかなーと。

鉄道フェスティバル内で、2歳子連れで食事はできるの? → 出来ました!しかも美味しい。

さて、そろそろお腹が減ってきたな~という頃だったので、会場内で食事を摂ることに。

会場で販売されているお弁当・お食事は

  • 第一ホテル東京
  • 日本レストランエンタプライズ

の2つ。あれ、マップには「阪急阪神ホテルズ」と書かれていたはずが…???(笑)

第一ホテル東京の食事は、大人向け

さて、そんな第一ホテル東京の食事は以下の通り。

  • ハンバーガー
  • フィッシュアンドチップス
  • パンの盛り合わせ
  • ビール

と、どちらかと言えば大人向けのメニューが多めかなという印象でした。

日本レストランエンタプライズは、大人も子供も楽しめるラインナップ!

そして、駅弁で有名な「日本レストランエンタプライズ」。

12時半ごろにお弁当を買いにいったのですが…既にかなりの数のお弁当が売れていました。

狙っていた「新幹線のお弁当」に関しては、もう既に売り切れいたようで…(´・ω・`)

これ…欲しかったなあ。今度東京駅に行った時に、息子に買ってあげるか。

結局、買ったのは…2歳の息子用には、「うなぎ・金目鯛・銀鮭のあいのせ御膳」。

めちゃめちゃ豪華。ちなみにかなり美味しいです。息子もまあ、気に入ったらしくパクパク食べていました。

特に金目鯛がかなり気に入った様子。いやあ、確かにこの金目鯛、めちゃめちゃ美味しいんだよなあ…。

奥さんは、こちらの牛タン弁当を。お弁当の牛タンと思って侮るなかれ。ちゃんと炭火で焼いた風味が残っていて、非常に美味しいです。

さて、僕はこのカレーを…と思ったらこれ、なんとレトルトカレーの詰め合わせでしたwww

普通に、カレーのお弁当かと思っていた…。マジで…泣ける…www。僕は、息子と奥さんの食べ残しを美味しくいただきました涙

 

いやあでも、全体的にかなりお弁当のレベルが高かった。奥さんも「駅弁の常識が変わった」と言っていたくらいに、本当に美味しかったです。

子供も気に入ってくれたようだし、良かったよかった。駅弁、安心してお子さんと食べてください!

スポンサーリンク



【まとめ】鉄道フェスティバル2017は、2歳子連れでも意外と楽しめました♪

と、そんな感じで鉄道フェスティバル2017を堪能したわけですが…ここでざっくり、今回お伝えしたことをまとめますね。

  • きかんしゃトーマスキャラクターショーは、まだ言葉がスムーズに理解できない2歳前半の息子には早かった。わずか10分で飽きた(笑)
  • 物販が、無料のプレゼントや各社の鉄道グッズ、記念撮影等意外にも一番楽しめた
  • アトラクションは、ミニSLもトランポリンも60分以上並ぶので、かなり厳しい…。
  • 鉄道フェスティバルで販売されている駅弁は、2歳子供でも美味しく食べることが出来た

といったところですね!

2歳息子への、戦利品一覧

また、戦利品もここでまとめておこうと思います。

【関東鉄道協会】レジャーシート

【JR九州】下敷き

【関東鉄道協会】ティッシュ入れ

結局、会場入りしてから2時間以上はいましたねー。

1時間位で飽きるだろうと思いきや、意外と楽しむことが出来たという良い誤算でした。

これはまた…来年、息子がもっと色々と分かるようになってきた頃に、また来たいですねー。

 

子連れで行く際の、一つの参考になれば幸いです。楽しんできてくださいね!!!

もし時間が余ったら、子連れで東京モノレールまつり2017はいかが?

もし、鉄道フェスティバル2017に参加して、思ったよりも時間が余ってしまったら…「東京モノレール・昭和島駅」で行われる『東京モノレールまつり』はいかがでしょう?!

記事を見る 東京モノレールまつり2017に、2歳子連れで行くことを決めた3つのポイントを紹介!

このお祭りですが、

  • 保守用車両を見学できたり、乗車体験ができること!
  • 車両基地内で、モノレールに試乗できること!
  • 運転士体験ができること!

など、お楽しみ要素がこれまた満載なんですよねー。少し遠いですが…ぜひ、時間が余ったら行ってみてください。

投稿者プロフィール

旅する子連れライター・ユウタ
旅する子連れライター・ユウタ

東京都港区在住の、1児のパパ。


会社経営の傍ら、東京をはじめ様々な場所を旅しながらライター業を行う。現在2歳1ヶ月になる息子がいる。


ちなみに息子は無類の電車好き。プラレール博やその他鉄道イベントは逃さず行くほど。鉄道好きな子鉄ちゃんがいるのであれば、きっとお役に立てるかと思います♪


スポンサーリンク

ブログランキング参加中!

「役に立った!」と思ったらぜひクリックしてください。 クリックしていただくと大変励みになります! にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ

子連れおでかけマップ

子連れおでかけマップを作成しました。ぜひお出かけの際の参考にされてください。

アイコン説明

水族館
トレインビュースポット
動物園
公園
子連れ宿泊先
 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)