屋内型キッズ施設

京王れーるランド・子鉄な3歳も楽しめた5つのポイントと、行き方・混雑状況を解説!

旅する子連れライター・ユウタ(@tokyodiscoveryk)です。

3歳の子鉄な息子とともに、東京都は『多摩動物公園駅』すぐにある、『京王れーるランド』に行ってきました。

京王線沿線に住んでいるわけでもなく、我が家にとっては縁もゆかりもない京王線。ですが、それでも3歳の息子はかなり楽しめたようで…

息子
息子
またお休みのときに行こうね!

と言ってました。ということで、3歳の息子も楽しめた京王れーるランドについて

  • お楽しみポイント5つ
  • 混雑状況
  • 子連れランチ情報
  • 電車好きな子供も喜ぶ、行き方

について、お伝えしますね。

京王れーるランド・3歳子供も大満足したポイントを5つご紹介!

まずお伝えするのは、京王れーるランドのお楽しみポイント5つについて。

これから行くあなたに参考になるように、書いてみました!

  1. 京王ミニトレインに乗れる(有料100円)
  2. 京王のプラレールで遊べる、プラレールコーナー(1回30分・13組限定)
  3. 鉄道系施設には珍しい、ボールプールや滑り台
  4. 京王線も走るジオラマ!
  5. 本当に走ってた、歴代の京王車両がズラリ!

京王ミニトレインに乗れる(有料100円)

まずは、京王ミニトレイン!

京王の電車を模した、ミニトレインに乗って遊べます。上記の写真のミニトレインに、本当に乗ることが出来ます。

1回3-4分程度で、ぐるっと回る感じ。

こちらの券売機で、チケットを購入し(1人100円)

チケットを係員さんに渡して、遊べます。

踏切もあり、結構本格的です♪

かなり並ぶかと思いきや、全然並んでいませんでした。

チケットを買ったらもうすぐに乗れたくらい。なので、慌てて行かなくてもOKです。

京王のプラレールで遊べる、プラレールコーナー(1回30分・13組限定)

鉄道系の施設には必ずある、プラレールコーナー。例に漏れず、京王れーるランドにもプラレールコーナーはありました。

ただ…京王れーるランドのプラレールコーナーは、他の施設のプラレールコーナーとは大きく違ったポイントがあります。そのポイントが以下の4つ。

  1. 整理券制で、1回13組しかいないこと
  2. 30分という区切りがあること
  3. プラレールが、1組ごとに2台配られること
  4. 1組ごとに、遊べる区画が決まっていること

そのおかげで、かなり快適に遊べるし、お友達ともプラレールや場所の奪い合いにならないし、際限なく遊ぶことも防げるし。

しかもレールが豊富で、家ではできないようなコースも自由自在。

こんな感じに!

30分間黙々と遊んで、息子も満足したようです。

しかしどこの家庭もそうなのですが、レールを組む時の大人の本気度合いがすごいですな。ウチも人のこと言えないですが(笑)

整理券配布時間と、入場時間を予め把握しましょう

すでに伝えたように、京王れーるランドのプラレールコーナーは、『整理券配布+時間制限』があります。しかも、13組限定ということで、整理券ゲットのために少し並ぶ必要も出てきます。

そのため、整理券配布時間・入場時間はしっかり把握しておきましょう。

整理券配布時間・入場時間は以下の通り。

大体、5分〜10分前くらいから並び始めても、間に合います。

まずは整理券をゲット。整理券に書かれた時間になったら、プラレールコーナーに入りましょう。

京王れーるランドに到着したら、真っ先にプラレールコーナーの整理券ゲットに向かうと良いでしょう。

パパママで来てる場合は、片方が整理券列に並び、片方が子供と遊んでおくのが良いですな!

鉄道系施設には珍しい、ボールプールや滑り台

鉄道系の施設って、遊ぶところといえば基本的にはプラレールなんです。しかしここは珍しく、ボールプールや滑り台、アスレチックがあります。

プラレールコーナーのすぐ隣りにあるので、プラレールコーナーの待ち時間に、アスレチックで遊ぶのも良いかも!

京王線も走るジオラマ!プラレールジオラマもあるよ。

鉄道系の施設にはつきもののジオラマ。もちろん、京王れーるランドにもあります!

んー、ジオラマはやはり良いですなあ。

100円入れれば、電車の操作もできます。

プラレールジオラマもあります。

Nゲージのジオラマのみならず、プラレールのジオラマもあります。

ちなみにこちらのコース、プラレールコーナーを作るときにかなり参考にしました。レール自体は揃っているので、時間の許す限り再現してみては?

本当に走ってた、歴代の京王車両がズラリ!

本当に京王線として走っていた、歴代の車両がズラリ並んでます。

もちろん、中に入ることもできます。

歴代のプラレール展示も

また、本物の車両のみならず、歴代のプラレールの展示もあります。

大人も懐かしいプラレール(車両)だったり、子どもたちは見たことがない種類のプラレールも展示されています。これはこれで、なかなか楽しいです♪

京王れーるランドの混雑状況平日は空いてますが、休日は…

気になる混雑状況ですが、平日であればそこまで混んでいません。

京王ミニトレインも、並ばず余裕で乗れました。

プラレールで遊べるコーナーも、13組限定の整理券配布の5分前に並んでも余裕で遊べるくらいです。

で、肝心の土日祝日ですが、開園した当初はすごい混雑だったようです。ですが、開園して時期がたった今、休日もそこまで混まなくなったようです。

なので、土日でも平日でも、気が向いたときにぜひ行ってみてください。

ちなみに…もし京王れーるランドが混雑していたとしたら、お隣の『多摩動物公園』に行ってみてもいいかもしれませんね。その名の通り、動物園です。

そちらで時間を潰してから、混雑がだいぶ収まってきたら改めて京王れーるランドで遊ぶ、など。ちなみに、京王れーるランドはその日に限り、一度チケットを買ったら入退場は自由です。

ランチは、京王れーるランド隣の『ハグハグカフェ』にて

パパ
パパ
さあ、いっぱい遊んだらお昼ご飯を食べよう!

といったところですが…『京王れーるランド』自体には、お昼ご飯を食べるところはありません。ただ、京王れーるランドを出て本当に目の前に『ハグハグカフェ』という食事処があります。ランチはここで済ませましょう。

→ ハグハグカフェの詳細はこちら

こんな感じのメニューです。

スイーツも豊富に用意されています。しかも美味しい♪

子供用の椅子や食器も用意されているので、子連れでも安心して食事できますね。

お昼時は20〜30分待ち!EPARKで事前予約しておこう

と、プラレールコーナーの待ち時間の間にお昼ご飯を食べようと思ったのはいいのですが…ちょうど12時頃に入ろうとしたら、20〜30分待ちでした。

やはりお昼時は込みますなあ…。ということで、事前予約しておくことをオススメいたします。

事前予約については、

の、2通りの方法があります。

ここでは、EPARKでの予約方法を、解説しますね。

店舗検索にて、hughug と入力し、【検索】をクリック

HUGHUG CAFE をタップ

日時を指定して受付する

時間と人数を指定して、【内容確認へ進む】へ

次の画面で、【日付指定受付する】をクリックすれば、予約完了です。

予約完了したら、時間までは心ゆくまで遊びましょう♪

13時過ぎに行った時は、ほぼ並ばずに入ることが出来ました(平日の場合)。

12時〜13時の間に入りたいときは、今回のように予約したほうが無難です。

持参したお弁当や、外の売店で買い、二階で食べるのもあり

また、『ハグハグカフェ』の前には、車の売店が止まっています。

こちらで、軽食ではありますが購入して食べるのもありですね。うちは12時頃にとにかくお腹が空いていたので、こちらで購入して食事を取りました。

『京王れーるランド』の2階には、飲食できるコーナーがあるので、そちらに持ち込んで食事も出来ます。

ついでに、多摩動物公園で動物と遊ぼう

息子
息子
京王れーるランドはもういい!他で遊びたいーーー!!

と、子供が嘆き始めたら…お隣の『多摩動物公園』はいかがでしょうか?!

京王れーるランドがある『多摩動物公園駅』は、その名の通り動物園があります。

もしお子さんがまだ遊び足りないなら、多摩動物公園で遊ぶのもあり!ですね。

→ 多摩動物公園の公式サイトはこちら

京王れーるランド多摩動物公園駅の行き方など

京王れーるランドの行き方ですが、京王線もしくは、多摩モノレールの『多摩動物公園駅』降りてすぐです。

公式ページURL http://www.keio-rail-land.jp/
住所 東京都日野市程久保3-36-39
営業時間 9:30~17:30(17:00 最終入館)
休館日:水曜日
定休日 水曜日(水曜日祝日の場合は、翌日休業)
最寄り駅 京王線 多摩動物公園駅

多摩モノレール 多摩動物公園駅

マップ

毎週水曜日休みですが、祝日だった場合は営業してます。また、臨時で営業してることもあるみたいです。2019/4/3(水)は、営業してました。

営業日は、行く前に必ず『京王れーるランド』ホームページをご覧ください。

京王線もしくは、多摩モノレールの多摩動物公園駅で下車すぐ。ホント目の前なので、迷うこともないですな。

電車好きな子鉄も喜ぶ!新宿から行く場合のオススメルート

もし、お子様が電車好きなら…いや、『京王れーるランド』に行くくらいなので、間違いなく電車好きだと思いますので!そんな電車好きな子鉄ちゃんも喜ぶ、『多摩動物公園駅』までのルートをお伝えします。

ウチは新宿方面からなので、新宿方面から行く場合のルートをお伝えしますね。

【行き】京王線・新宿駅 → 京王線・高幡不動駅 → 多摩動物公園駅

【帰り】多摩モノレール・多摩動物公園駅 → 立川南駅 → JR立川駅 → JR新宿駅

このルートで行くことで、

  • 京王線
  • 京王線・多摩動物公園ラッピングトレイン
  • 多摩モノレール
  • JR中央線

と、電車好きの子供も満足の移動かと思います!

京王れーるランドのラッピングトレイン。

東京23区に住んでいる人にとっては、多摩モノレールは滅多に乗れるものではないので、ここで乗らないともったいない!

うまいこと先頭車両の先頭に乗れたら…東京都23区にいたらなかなか見れないような、開けた光景を見ることが出来ます。しかも桜の時期だったので…かなり良い光景でしたよ。

京王・高幡不動駅から、多摩動物公園駅への電車本数は少ないので注意

ちなみに…新宿から京王線に乗る際は、高幡不動駅で降りて、多摩動物公園方面の電車に乗り換えるわけですが…

高幡不動駅から、多摩動物公園駅への時刻表(土日祝)

 

首都圏の電車に乗り慣れている人にとっては、かなり少ない本数ですよね。

時間帯によっては、1時間に3本しかなかったり…。平日に至っては、10時〜13時台でも1時間3本しかありません。

しかも、高幡不動駅の構内には特になにもないという(笑)

なので、高幡不動駅での待ち時間には、十分にご注意ください。

【まとめ】まんべんなく無駄なく京王れーるランドを回るためのスケジュール

ということで、京王れーるランドでした。息子もかなり満足したようで…

息子
息子
楽しかったね、また行こうね!

と、言っておりました。京王ユーザーでなくとも、すごく楽しめますよ。

ということで、今回お伝えしたことを簡単にまとめますね。

オススメスケジュールについて

今回、3歳子連れで京王れーるランドに行ってみた上での、オススメのスケジュールをお伝えしますね。

EPARKにて、『HUGHUGカフェ』の12:30頃の予約をとっておく
11:00 京王れーるランド到着
11:10 プラレールコーナーの整理券列にならぶ(京王れーるランド2F上がってすぐ)
11:20〜11:50 整理券を受け取った後、京王れーるランドの施設で遊ぶ!
11:50〜12:20 プラレールコーナーで遊ぶ!
12:30〜13:30 HUGHUGカフェにて、ランチ
13:30〜 引き続き京王れーるランドで遊んだり、多摩動物公園に行ったり…

と、こんな感じで回ることができれば、無駄なく効率よく行けるのではないでしょうか!

【まとめ】京王れーるランド・3歳子供も大満足したポイントを5つご紹介!

  1. 京王ミニトレインに乗れる(有料100円)
  2. 京王のプラレールで遊べる、プラレールコーナー(1回30分・13組限定)
  3. 鉄道系施設には珍しい、ボールプールや滑り台
  4. 京王線も走るジオラマ!
  5. 本当に走ってた、歴代の京王車両がズラリ!

施設情報(定休日等)や、行き方

公式ページURL http://www.keio-rail-land.jp/
住所 東京都日野市程久保3-36-39
営業時間 9:30~17:30(17:00 最終入館)
休館日:水曜日
定休日 水曜日(水曜日祝日の場合は、翌日休業)
最寄り駅 京王線 多摩動物公園駅

多摩モノレール 多摩動物公園駅

マップ

毎週水曜日休みですが、祝日だった場合は営業してます。また、臨時で営業してることもあるみたいです。2019/4/3(水)は、営業してました。

営業日は、行く前に必ず『京王れーるランド』ホームページをご覧ください。

※子鉄が喜ぶ、オススメルート(新宿方面から)

【行き】京王線・新宿駅 → 京王線・高幡不動駅 → 多摩動物公園駅

【帰り】多摩モノレール・多摩動物公園駅 → 立川南駅 → JR立川駅 → JR新宿駅

ぜひ、行ってみてくださいね。

投稿者プロフィール

旅する子連れライター・ユウタ
旅する子連れライター・ユウタ
東京都港区在住の、1児のパパ。

会社経営の傍ら、東京をはじめ様々な場所を旅しながらライター業を行う。現在3歳になる息子がいる。

ちなみに息子は無類の電車好き。プラレール博やその他鉄道イベントは逃さず行くほど。鉄道好きな子鉄ちゃんがいるのであれば、きっとお役に立てるかと思います♪

また、旅行好きで色んな所を子連れで旅行しています。

◆子連れで旅行した場所
沖縄(ザ・ビーチタワー沖縄等)、那須高原(エピナール那須)、静岡(大井川鐡道)、熱海(リゾナーレ熱海)、箱根、福岡、熊本、長野(池の平ホテル)等。
ABOUT ME
旅する子連れライター・ユウタ
旅する子連れライター・ユウタ
東京都港区在住の、1児のパパ。 会社経営の傍ら、東京をはじめ様々な場所を旅しながらライター業を行う。現在3歳になる息子がいる。 ちなみに息子は無類の電車好き。プラレール博やその他鉄道イベントは逃さず行くほど。鉄道好きな子鉄ちゃんがいるのであれば、きっとお役に立てるかと思います♪ また、旅行好きで色んな所を子連れで旅行しています。 ◆子連れで旅行した場所 沖縄(ザ・ビーチタワー沖縄等)、那須高原(エピナール那須)、静岡(大井川鐡道)、熱海(リゾナーレ熱海)、箱根、福岡、熊本、長野(池の平ホテル)等。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください