東京で、1歳半の子連れで花見も電車も楽しめる場所を探していたら…【飛鳥山公園】を発見!

1歳半の息子を持つ、旅する子連れライター・ユウタ(@tokyodiscoveryk)です。

実は明日、1歳半の子供を連れて、花見に行ってきます。

が、当たり前すぎることなのですが、「子供は花見に興味はありません(笑)」

しかし、大人たちは花見を楽しみたい…。

 

そこで、うちの息子が好きな「電車」と、大人が好きな「花見」を兼ねることができる場所を、東京で探していたら…見つかりました。

スポンサーリンク



花見も電車も楽しめる…それが、JR王子駅直通の【飛鳥山公園】

それが…JR王子駅直通の【飛鳥山公園】。

 

区のホームページにも書かれていますが

飛鳥山公園といえば「さくら」が有名です。

この地を桜の名所に仕立て上げたのは、八代将軍徳川吉宗でした。約300年前、吉宗が享保の改革の施策のひとつとして、江戸っ子たちの行楽の地とするため、飛鳥山を桜の名所にしたのです。

こうして江戸の新しいお花見の名所として誕生した飛鳥山は、当時、桜の名所地では禁止されていた「酒宴」や「仮装」が容認されていたため、江戸っ子たちは様々な趣向を凝らして楽しみました。

飛鳥山は、明治6年、太政官布達によって、上野・芝・浅草・深川とともに日本最初の公園に指定され、平成の現在も「憩いと出会い」の場として親しまれています。

引用:東京都北区公式ページ

というくらい、「飛鳥山公園といえば、桜!」なんです。

公園内には、ミニモノレール(アスカルゴ)や、SLも展示!電車も見える!

さらに…飛鳥山公園には、子供も喜ぶ

  • ミニモノレール(アスカルゴ)
  • 公園内の展示用SL
  • 都電の展示
  • 公園へ続く橋から電車が見える

など、電車好きの子供にはたまらないスポットが満載です♪

 

以下の公式ページにも、詳細が掲載されています。

明日行ってきて、各所の写真を撮ってこようと思います。

しかも、明日4月2日は満開の日。いやあ、楽しみだなあ。

後日談…1歳7ヶ月の息子と、飛鳥山公園に花見に行って来ました!

後日談ではありますが…実際、1歳7ヶ月になった息子と、飛鳥山公園に花見に行ってきました!その時の様子は以下をご覧ください。

飛鳥山公園(王子駅)は、1歳7ヶ月の子供を連れてお花見できるのか?日曜日に実際に行ってみた(2017年4月2日)

投稿者プロフィール

旅する子連れライター・ユウタ
旅する子連れライター・ユウタ

東京都港区在住の、1児のパパ。


会社経営の傍ら、東京をはじめ様々な場所を旅しながらライター業を行う。現在2歳1ヶ月になる息子がいる。


ちなみに息子は無類の電車好き。プラレール博やその他鉄道イベントは逃さず行くほど。鉄道好きな子鉄ちゃんがいるのであれば、きっとお役に立てるかと思います♪


スポンサーリンク

ブログランキング参加中!

「役に立った!」と思ったらぜひクリックしてください。 クリックしていただくと大変励みになります! にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ

子連れおでかけマップ

子連れおでかけマップを作成しました。ぜひお出かけの際の参考にされてください。

アイコン説明

水族館
トレインビュースポット
動物園
公園
子連れ宿泊先
 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)