交換不可のダウンライトを、工事不要で人感センサー対応にする方法、教えます(Panasonic LSEB9502LE1など)

  • URLをコピーしました!
こども

ろうかがくらい!スイッチとおい!めんどくさい!

と、廊下の暗さとスイッチを付ける面倒さを子供に文句言われている、ユウタです(笑)

この記事を見ているあなたも、きっとそうだと思うんですが…ウチの廊下のライトは、「埋込式のダウンライト」なんですよ。

はい、これですね。ウチ、廊下が長くて、このライトが3つほど付いているんですが…スイッチがそれぞれバラバラの場所にあるんですよ。なので超面倒涙。だけど、夜は廊下が暗いのでつけざるを得ない。となると、子供のいうとおり面倒なわけです。

ちなみに、ウチの天井に埋め込まれているダウンライトは、「Panasonic LSEB9502LE1」というモノ。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,645 (2022/10/01 11:03:01時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのダウンライト…というか、大半のダウンライトは…結論から言えば、「素人では交換不可」です。交換するためには、電気工事士という資格が必須。

つまり業者に依頼する必要があるわけですが…交換には、1台あたり12,000円前後はかかるとのこと。うえー涙

一応、人感センサー付きのダウンライトもあったんですが…

1つ8,000円以上…プラス工事12,000円なんて掛かったら、1つ交換に20,000円?!うえー涙。しかもウチ、賃貸だし…。

ということで、LEDダウンライトを人感センサーにするのはほぼ絶望的になったわけですが…しかし、そんな絶望の中、希望の光を見せてくれる商品があったんですよ。

アイコン名を入力

こ、これを使えば…ダウンライトでも、工事不要・数千円で人感センサーに交換できる!!

という商品があったんです。それを今回は、紹介しますね。

目次

Switch Botで、人感センサー対応にしてみよう!

ということで、結論から言えば「Switch Botの、人感センサー」を活用して、擬似的に人感対応してみよう!ということですね。

これを使えば、人が通った時に、信号を送信してくれるという機能。

アイコン名を入力

え、でも…信号を送ったところで、ダウンライトは反応しないよね?信号受信する機能なんてないし…

そう、ライト自体が、SwitchBotの信号を受信してくれる機能がついていれば、この人感センサーを設置すればOKなのですが…おそらくそんな機能、備わってないですよね?

そこで…もう一つのSwitchBotを利用します。それがこちら

これ、物理スイッチを押してくれるという素敵なロボットなんですよ。

イメージわかないですよね。少し他の方の動画を拝借しますが、こんな感じで利用可能です。

…はい、こんな感じで、物理スイッチをスマホで操作できる機能です。

でも、廊下通るたびにいちいちスマホ出して、ポチっと押すのは面倒ですよね。だからこそ、さっきの人感センサーが活躍するってわけですね〜。

SwitchBotの人感センサー1つと、ボタン操作のSwitchbotを、照明スイッチの数だけ購入すればOK。通過するたびに、自動でダウンライトをON/OFFに出来ます。いやあ、これはすごい。

ダウンライト交換費用と、Switchbotにかかる費用の比較

さて、じゃあ…実際にかかる費用を比較してみましょう!

用意するもの費用(1つあたり) ※2022年2月時点
人感センサー対応のダウンライトダウンライト8,432円+工事費用12,000円〜=20,432円〜
SwitchBot人感センサー+スイッチ人感センサー2,480円+3,980円=6,460円

という感じで…なんと3倍も費用が違うという(笑)

人感センサー対応のダウンライトに交換する場合は、工事の時間も必要ですからね。

それを考えると…費用面でも、手間を含めても、SwitchBot導入が絶対に楽ですよね。

ということで、ウチは早速これを導入しようと動いています!

Switchbotは、ホームセキュリティにも使える

あと、Switchbotは、ホームセキュリティとしても利用できます。

例えば、「窓が空いたら、スマホに通知してくれる機能」

要は、「鍵のかけ忘れや、ガラスを割られて侵入された!」などのときに、スマホ通知してくれる機能です。

あとは、「子供を見てない間に、子供が窓を開けた!」みたいなときにも、使えそうですよね。お子さんの落下防止としても、設置しておくと安心です。

あとは、カメラですね。カメラと人感センサーを連動させれば、「人が通過した時に、カメラを自動でオンにする」といった活用方法も可能。

大事なお子さんを守るためにも、ホームセキュリティには力を入れたいですよね。だけど、アルソックやセコムは、お金がかかりすぎてしまう…という場合には、ぜひこちらの導入も検討してみてくださいね。

まとめ:SwitchBotを利用して、擬似的に人感センサー対応させよう!

ということで…いかがでしたか?まとめると、「SwitcBotを利用して、擬似的に人感センサーに対応させよう!」ということですね。

ぜひぜひ、参考になさってくださいね。

投稿者プロフィール

旅する子連れライター・ユウタ
旅する子連れライター・ユウタ
東京都港区在住(→2022年2月、横浜市に引っ越し)の、1児のパパ。

会社経営の傍ら、東京をはじめ様々な場所を旅しながらライター業を行う。現在7歳になる小1の息子がいる。

ちなみに息子は無類の電車好き。プラレール博やその他鉄道イベントは逃さず行くほど。鉄道好きな子鉄ちゃんがいるのであれば、きっとお役に立てるかと思います♪

また、旅行好きで色んな所を子連れで旅行しています。

◆子連れで旅行した場所
沖縄(ザ・ビーチタワー沖縄、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート)、那須高原(エピナール那須)、静岡(大井川鐡道)、熱海(リゾナーレ熱海)、箱根、福岡、熊本、長野(池の平ホテル)等。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都港区在住(→2022年2月、横浜市に引っ越し)の、1児のパパ。

会社経営の傍ら、東京をはじめ様々な場所を旅しながらライター業を行う。現在7歳になる小1の息子がいる。

ちなみに息子は無類の電車好き。プラレール博やその他鉄道イベントは逃さず行くほど。鉄道好きな子鉄ちゃんがいるのであれば、きっとお役に立てるかと思います♪

また、旅行好きで色んな所を子連れで旅行しています。

◆子連れで旅行した場所
沖縄(ザ・ビーチタワー沖縄、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート)、那須高原(エピナール那須)、静岡(大井川鐡道)、熱海(リゾナーレ熱海)、箱根、福岡、熊本、長野(池の平ホテル)等。

目次