子連れ旅行(宿泊)

3歳子連れで『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(沖縄)』に決めた3つの理由!最安値で申し込む方法も!

旅する子連れライター・ユウタ(@tokyodiscoveryk)です。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート…沖縄旅行に行くのであれば、誰もが一度は憧れ、泊まりたいと思うホテルですよね。

きっとあなたも…そう考えて、この記事に来たのでは?

ただ…憧れだけでは、なかなか宿泊を決められないホテルであることもまた事実。

なんと行っても、1泊1部屋3万円〜20万円はするホテルですからね…。繁忙期であれば、もっと高くなるでしょう。

特に、2〜3歳くらいのお子様連れのあなた!

ママ
ママ
高いホテルなのに…子連れで失敗したらどうしよう…

って不安で不安で、仕方ないですよね!?

ということで…2歳子連れで沖縄旅行経験のある我が家が、今回『ANAインターコンチネンタルホテル万座ビーチリゾートにした3つの決め手』について、あなたにお伝えしますね。

1つの参考にしていただければー!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに、3歳子連れで宿泊を決めた3つの決め手

ということで、早速ですが決め手3つについて、お伝えしますね。

  1. ホテル内にマリンアクティビティが充実!外に出なくてもOK!
  2. ホテル内に、プライベートビーチや温水プールがある!
  3. ホテル内に、レストランが10個以上も!子連れ向けももちろん完備。

一言で言えば…

パパ
パパ
ホテルで、遊びも食事もほぼ全てが完結する!

ということですね。子連れにとって…そして、車の運転に慣れてない人にとって、これはかなり大きいですね♪

ホテル内に、3歳から遊べるマリンアクティビティが充実!外に出なくてもOK!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』は、マリンアクティビティが充実しまくっています!

まずは…これ!

万座オーシャンパーク』!これすごいですよねー。

大人でも楽しそうなこのアクティビティ!

それ以外にも…3歳の子供も遊べるマリンアクティビティがたくさんあります。以下は全て、3歳以上から遊べるマリンアクティビティです。

出典:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート|キッズプログラム

詳しくは、『キッズプログラム紹介ページ』にて。

…すごくないっすか?!なので、ホテルでも十分マリンアクティビティを堪能できるんです。これが、『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』のいいところですよねー。

ホテル内のマリンアクティビティは、最低3歳から

ただし…1つ注意点が。ホテル内のマリンアクティビティは、最低でも3歳から(万座オーシャンパークも含め)。

もしあなたのお子様が2歳以下であれば…残念ながら、『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』のマリンアクティビティは楽しめません。

ママ
ママ
子供が2歳以下だけど…せっかく沖縄に来たから、マリンアクティビティを子供と一緒に楽しみたい!

ということであれば、車で少し移動する必要はありますが、2歳からでもマリンアクティビティが楽しめる場所があります!

以下の記事にて紹介しているので、ぜひ見ておいてくださいね。

【子連れ沖縄】2歳でもマリンアクティビティも楽しめる沖縄中部(青の洞窟・真栄田岬)のマリンショップ7選! と、そんなふうに悩んでいるあなた!実は、沖縄には…2歳からマリンアクティビティが楽しめるマリンショップがあるんです。 せっ...

ホテル内に、ビーチや温水プールがある!

また、マリンアクティビティ以外にも、ホテル内にビーチやプールがあるのも、『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』のいいところ。

出典:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート|施設トップ

マリンアクティビティを楽しむ程ではないけど、でもプールやビーチで楽しみたい!ということであれば、これらの施設でも十分ですね。

浮き輪などは、持参するのが吉。レンタルは高いから(笑)

ちなみに…浮き輪などは、持参するのが吉です。なぜならレンタルすると高いから(笑)

以下、浮き輪などの料金表です。(※10,000円を払うと、滞在中は会員料金でレンタルできます)。

 

メニュー名 時間 2019 オン
04/27-05-06
07/01-09/30
2019 ショルダー
03/01-04/26
05/07-06/30
10/01-2020/02/29
会員料金 備考
スタンドアップパドルボード 60分 3,500円 2,500円 無料 経験者のみ
アクアバイク 30分 3,500円 2,500円 無料 ※3歳以上(12歳以下保護者同伴)
ビーチカヌー 1人乗り 60分 3,500円 2,500円 無料 ※3歳以上(12歳以下保護者同伴)
ビーチカヌー 2人乗り 60分 3,500円 2,500円 無料 ※3歳以上(12歳以下保護者同伴)
パラソルセット
(パラソル1本、チェアー2脚)
1日 4,500円 3,000円 無料 宿泊ゲスト無料
パラソル(1本) 1日 2,500円 2,000円 無料 宿泊ゲスト無料
サンデッキチェアー(1脚) 1日 2,500円 2,000円 無料 宿泊ゲスト無料
マスク・フィンセット 1日 3,500円 2,500円 無料 スノーケルのレンタルはございません
※スマイルマタニティ
浮き輪 シングル 1日 2,500円 2,000円 無料 ※スマイルマタニティ
大人用120㎝
浮き輪 ダブル 1日 2,500円 2,000円 無料 ※スマイルマタニティ
えさ釣りセット(餌代別) 3時間 1,500円 1,500円 無料 餌代有料 400円
※スマイルマタニティ
ライフジャケット 1日 2,500円 2,500円 無料
ウエットスーツ 1日 1,000円 1,000円 無料

出典:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート|料金表

…高いですねー(笑)

浮き輪借りるだけでも1日2,000円以上するんですよ。なので、持参するのが良いですね。

ホテルに問い合わせたところ…

受付の人
受付の人
ビーチサイドカウンターにエアーコンプレッサーのご用意がございます。

とのことでした。つまり、電動の空気入れがあるということですねー。

なので、浮き輪は持参で良いでしょう!

普通の浮き輪もいいですが、こんな感じの、ハンドル付き浮き輪なんてのも面白いですよ。

 

ホテル内に、レストランが10個以上も!子連れ向けももちろん完備。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』には、レストランがなんと10個以上もあります。

→ ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのレストラン一覧を見る

この中でも、3歳子連れ向けかなーというのは以下のレストラン。

3歳子連れ向けレストラン一覧

  1. アクアベル オールデイダイニング → 洋風バイキングレストラン
  2. オーキッド 琉球料理 → 沖縄料理バイキング
  3. The Oriental Grill by Karin → グリルと広東料理
  4. ちゃんぷる ビーチ居酒屋 → 比較的リーズナブルな沖縄料理居酒屋
  5. Salvatore Cuomo & Bar 万座ビーチ → 東京にもあるあのピザ屋。沖縄限定メニューあり!

案外選択肢が多いです。

ひとまずうちは、沖縄料理が食べたいので…『オーキッド琉球料理』で、沖縄料理をたっぷり堪能します。バイキング形式なので、子供も安心ですしねー。

しかも…

食事しながら、エイサーを楽しめます♪

ホテル外の居酒屋・ディナーなら…徒歩10分ほどで行ける4件

パパ
パパ
ホテルの料理はどれも高いし…もう少しリーズナブルなところないかな…

と、お探しであれば…ホテルから徒歩10分くらいに、いくつか候補があります。

といったところですね。4つとも、ホテルの敷地から出たあたりにあります。

まあ…確かにホテルのディナーは高いので(笑)

周辺もぜひ候補として入れておいてください。

 

ということで…

  1. ホテル内にマリンアクティビティが充実!外に出なくてもOK!
  2. ホテル内に、プライベートビーチや温水プールがある!
  3. ホテル内に、レストランが10個以上も!子連れ向けももちろん完備。

という、これら3つのおかげで

パパ
パパ
ホテルで、遊びも食事もほぼ全てが完結する!

のが、『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』の最高なところですねー。

2歳までのお子様連れは…『ザ・ビーチタワー沖縄』がいいかも。

ただし…先程もお伝えしたように、『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』内のマリンアクティビティは、3歳から。

ビーチやプールではもちろん2歳までのお子様でも遊べるのですが…最大のウリの1つでもある『万座オーシャンパーク』も、3歳からしか遊べません。

実は去年沖縄に行ったときも、このホテルは候補に上がってました。だけど

パパ
パパ
子供2歳で、万座オーシャンパークで遊べないなら、魅力も半減かなー…

ということで、見送った経緯があるんです。『万座オーシャンパーク』なしでは、このホテルを子連れで最大限楽しむことはできないかなーと。

 

下手すれば…海で遊んでいる時に、

息子
息子
嫌だ!あれで遊びたい!うわあああああんん!!!
パパ
パパ
む、無理なんだよ、あれは3歳からしか遊べないんだ…

となる可能性も…(笑)

 

であれば、もう少しリーズナブルかつ、子連れ向けに特化したホテル『ザ・ビーチタワー沖縄』がオススメです。

 

なぜなら、以下の理由があるから。

2,3歳子連れホテルに、ザビーチタワー沖縄を選んだ7つの理由

  1. とにかく徹底的に子連れに優しい!紙おむつやおしりふきなどのプレゼントも!
  2. 近くにイオンやアメリカンヴィレッジ等の施設があり、買い物や飲食店にも困らないから
  3. 那覇空港から車で約40分で到着。子供の負担も少ない!
  4. ホテル内に遊べる施設が充実。プライベートビーチやプールも!温水プールもあるよ。
  5. 琉球村や真栄田岬など、2、3歳子連れで遊べる施設も車で30〜40分で行ける
  6. ホテル内の飲食店も、選択肢がたくさん!
  7. 息子がリスペクトするキッズユーチューバー【がっちゃん】が宿泊したから

個人的に…温水プールがあったのが、最高でしたね。

子供も気持ちよさそうでした。特に前日、雨が降っていたこともあり結構水温が低かったんですよねー。なので温水プールは親子ともに本当に助かりました。

ザ・ビーチタワー沖縄』滞在時は、ほぼこのプールにいた気がします(笑)

こちらのホテルもまた、ホテル内で全てが完結するホテルなので…2歳までのお子様連れであれば、こちらを強くオススメしますよ!

詳細は『ザ・ビーチタワー沖縄『ファミリースイート』を、2,3歳子連れ旅行にオススメできる5つのポイント!』にて。

ザ・ビーチタワー沖縄『ファミリースイート』を、2,3歳子連れ旅行にオススメできる5つのポイント! 2歳10ヶ月の息子連れで、3泊4日の沖縄旅行に行ってきました! その際に宿泊した『ザ・ビーチタワー沖縄・ファミリースイート...

ぜひ、比較してみた上でどちらに宿泊するか?検討してみてください。

どうせならテラス付きの部屋『クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム』に宿泊しよう

ママ
ママ
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートすごい!宿泊を決めたわ!

ということであれば…子連れでオススメのお部屋があります(ニヤリ。

それが…『クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム』。

もうね…このテラスから、沖縄の空や海を独り占めできるのは最高の贅沢でしょう♪

せっかく『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』に宿泊するんだから…このくらいの贅沢は、したいですよねー。

テラス付きの部屋は、他にもあります。しかし、テラス付きで最安値はこの『クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム』です。

それ以上の部屋になると、更に広いだけとなりますので…家族3人くらいであれば、『クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム』で十分でしょう。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート最安値は、IHG公式サイト!

ママ
ママ
でもやっぱり、『クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム』は高い!少しでも安くなればいいんだけど…

と、あなたもいろいろ探しているのかもしれません。

ただ…僕が調べたところによると、『Booking.com』や『エクスペディア』などの格安旅行サイトよりも、実は遥かに安いところがありました。

例えば、『Booking.com』だと、この値段。

朝食付き2泊3日だと、15万円です。結構高くなってしまいますよね。

ただ、この金額…もっと抑えることが出来ます。

それが、

  • じゃらん
  • 楽天トラベル
  • IHG公式サイト

の3つ。そのうち、最安値は『IHG公式サイト』からのお申込みです。

それぞれ、紹介していきますね。

少しでも安く宿泊するなら、じゃらんや楽天トラベルなどで申し込む。

まずは、『じゃらん』や『楽天トラベル』ですね。

『クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム』を、『楽天トラベル』『じゃらん』で申し込みすると…以下の金額となります。

※2019年7月4日〜6日の2泊3日・朝食付きで申し込んだ場合。

出典:楽天トラベル

出典:じゃらん
  • 楽天トラベル:121,500円(税込み)
  • じゃらん:123,000円(税込み)

で宿泊が可能です。Booking.comなどよりも、安くなりますね。

ほぼ誤差のような金額差なので、どちらをよく使うか?で決めればいいのかなと思います。

インターコンチネンタルや、ANA系列ホテル(IHG関連)をよく使うなら、公式サイトがお得。ベストプライス(最安値)保証あり!

そして、最安値なのが『IHG公式サイト』からのお申込みです。

→ IHGの公式サイトからの申込みはこちらをクリック

※IHGとは?

IHGとは、『Intercontinental Hotels Group』の略。要は公式です。

インターコンチネンタルホテルをはじめ、日本で言えばANAクラウンプラザホテルもIHGの一員ですね。

で、お申込みの前に…IHGリワーズクラブ(無料)にまずはお申し込みください。

IHGリワーズクラブに無料入会するだけで、会員価格(割引価格)で宿泊できます。

なので、IHG公式サイトから申し込むのであれば、IHGリワーズクラブ(無料)に申し込まない理由は何一つないです。

で、入会後に『IHGの公式サイト』から申込みを行うと…

『125,210円(キャンセル不可・1泊分のデポジットによる事前決済)』の宿泊料金がかかります。

最安値の上、IHG系列のホテル宿泊時に利用できるポイントが11,308ポイント貯まります。1ポイント1円で利用できるので…『11,308円引き』ということになりますね。

つまり…実質、『113,902円(税込み)』で宿泊できる!ということですね。

なので、今後もインターコンチネンタルや、ANAクラウンプラザホテル等のIHGホテルをよく使うのであれば、IHGから申し込みがお得ですね。

もう一度、最安値で宿泊する手順をお伝えしますね。

クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルームに最安値で宿泊する手順

  1. IHGリワーズクラブ(無料)に登録する
  2. IHGの公式サイトから申し込みを行う

これだけです。

ぜひ、公式からお申し込みくださいね。

ベストプライス保証により、最安値をあなたにお約束!

更に…IHGには、ベストプライス保証というものがあります。

以下、公式からの転載です。

ベストプライス保証

IHGでは、公式サイトに掲載している料金がご利用いただける最低料金であることに自信を持っています。グローバル展開する旅行会社では初の強力な「ベストプライス保証」をご提供しているのはその自信の表れです。

IHGでは、IHG公式サイトでのホテルのご予約はすべて、インターネットで公開されている料金の中で最も低額な客室料金(客室レート)または客室料金総額(税金&手数料を含む)であることを保証しています。

万が一、より低額の料金を発見された場合には、初日の客室料金を無料にさせていただいた上で、2泊目以降、該当する低額の平均客室料金にてご提供いたします(ベストプライス保証の利用規約が適用されます)。ベストプライス保証は、「公式サイトご予約特典」がご提供する数々の特典のひとつです。

低料金を発見された場合には、ベストプライス保証について詳しくご確認ください。
こちらよりご利用規約全文をご覧いただけます。

出典:IHG公式サイト

ということ。すごいですよね!

ただし条件はもちろん厳しく…『全くの同条件』ではないと、適用外です。

例えばIHG公式では、朝食なし。他サイトでは、朝食ありのプランで、他サイトの方が安かったとしても、適用外ってことです。

ただ、同条件で他のサイトのほうが安かったとしたら…ぜひ申請してみてください。

ということで、『IHGの公式サイト』からぜひ、お申し込みくださいね。

注意!IHGアンバサダーのお部屋アップグレードは「インターコンチネンタルルーム」まで!

ちなみに…『IHGリワーズクラブ』には、有料会員も存在します。

それが、『インターコンチネンタルアンバサダー』。会員になると、以下の特典を受けることが出来ます。

インターコンチネンタルアンバサダー入会特典

  • 客室アップグレード保証
  • プライベートチェックアウト(レイトチェックアウト)
  • ウィークエンド宿泊無料(金・土または、土・日に2泊宿泊した場合、2泊目の宿泊費用が無料)
  • 宿泊時のポイントアップ

などなど。

なかなか…凄まじいですよね?!特に、『客室アップグレード保証』と『ウィークエンド宿泊無料』は破壊力抜群の特典です。これで年会費約20,000円と考えると、かなり安いですよね。

ただし…『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』における、『客室アップグレード保証』には注意点があります。それは…

お部屋のアップグレードを受けられるのは、「インターコンチネンタルルーム」までということ。

要するに、「インターコンチネンタルアンバサダー入会状態で、インターコンチネンタルルーム以上のお部屋を選んでも、アップグレードはなし」ということです。

例えば、あなたが『インターコンチネンタルルーム』を、宿泊部屋に選んだとします。

その場合、更に上のランクでもある『インターコンチネンタルコーナーテラスルーム』には、残念ながらアップグレードされないということです。

ウチは、IHGアンバサダーに入会した上で『インターコンチネンタルコーナーテラスルーム」を選んだので…アップグレード特典は受けられない!ということでした(涙

まあ、どうしても『インターコンチネンタルコーナーテラスルーム』に宿泊したかったので、致し方なしですけどね。残念。

アップグレードを期待して、『インターコンチネンタルアンバサダー』に申し込む場合は、注意してくださいね。

公式サイトからの申込みが一番高いので…公式サイトからは申し込みしないほうがいい(情報は一番充実している)

あと1つ。『IHG公式』ではなく、『ホテル公式』のサイトでもお申し込み可能です。

が…ホテル公式サイトからの申込みが、一番高かったです。

このような感じ。なので、申し込むのであればくどいようですが『IHGの公式サイト』からお申し込みくださいね。くどいけどね!

まとめ

長くなりましたので、まとめますね。

3歳子連れで宿泊を決めた、3つのポイント

  1. ホテル内にマリンアクティビティが充実!外に出なくてもOK!
  2. ホテル内に、プライベートビーチや温水プールがある!
  3. ホテル内に、レストランが10個以上も!子連れ向けももちろん完備。

ただし…2歳までのお子様連れであれば、『ザ・ビーチタワー沖縄』がオススメ。

 

なぜなら、以下の理由があるから。

2,3歳子連れホテルに、ザビーチタワー沖縄を選んだ7つの理由

  1. とにかく徹底的に子連れに優しい!紙おむつやおしりふきなどのプレゼントも!
  2. 近くにイオンやアメリカンヴィレッジ等の施設があり、買い物や飲食店にも困らないから
  3. 那覇空港から車で約40分で到着。子供の負担も少ない!
  4. ホテル内に遊べる施設が充実。プライベートビーチやプールも!温水プールもあるよ。
  5. 琉球村や真栄田岬など、2、3歳子連れで遊べる施設も車で30〜40分で行ける
  6. ホテル内の飲食店も、選択肢がたくさん!
  7. 息子がリスペクトするキッズユーチューバー【がっちゃん】が宿泊したから

詳細は『ザ・ビーチタワー沖縄『ファミリースイート』を、2,3歳子連れ旅行にオススメできる5つのポイント!』にて。

ママ
ママ
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートすごい!宿泊を決めたわ!

ということであれば、『クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム』がオススメ。

もうね…このテラスから、沖縄の空や海を独り占めできるのは最高の贅沢でしょう♪

ただ…

ママ
ママ
でもやっぱり、『クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム』は高い!少しでも安くなればいいんだけど…

ということであれば、『IHGの公式サイト』から申込みが最安値。

最安値で宿泊する手順

  1. IHGリワーズクラブ(無料)に登録する
  2. IHGの公式サイトから申し込みを行う

ということでした。ぜひ『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』を、最安値で堪能してくださいね。

せめて飛行機代をタダにしたい…ANAマイルをガンガン貯める方法、教えます♪

ちなみに…沖縄旅行に行くのであれば、ホテル代以外に『飛行機代』がかかりますよね。

東京(羽田)から、沖縄まで家族3人でANAに乗ろうとすると…12万円(前割り利用)はかかります。7月前半なんてまだ安い方で…時期によっては15万円以上することも。

となると…ホテル代+飛行機代+現地での旅費をあわせて30万円はかかってしまうことに。

 

せめて…飛行機代を抑えたいですよね。

実は僕…今回の沖縄旅行、家族3人分の飛行機代をタダにしちゃいました♪

その秘密は…ANAマイル。わずか3ヶ月程度で、沖縄行きの家族3人分往復マイルを貯めて、今回の沖縄旅行が決まったんです。

これが貯まったマイル数。レギュラーシーズンの家族3人分往復マイル数54,000マイルです。

ANAマイルを貯めて、飛行機代をタダにできたからこそ…『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』で、奮発できたとも言えますね。

もし…ANAマイルを貯める方法が気になるのであれば、『子連れ沖縄旅行費用を、ANAマイルでタダに!生活費をクレジットカード決済し、ANAマイルやポイントを賢く貯めて使おう』記事をご参照ください。

子連れ沖縄旅行費用を、ANAマイルでタダに!生活費をクレジットカード決済し、ANAマイルやポイントを賢く貯めて使おう本記事では、『ANAマイルで航空券をゲットして、タダで家族旅行したい!』と考えるあなたのための記事です。 お伝えした方法を実践していただければ…1年間で、最低でも1人分の『東京-沖縄間』の往復航空券をゲットできます。 実は僕も、クレジットカードを利用して54,000ANAマイルを貯めて、『東京-沖縄間』の家族分の往復航空券をゲットしました♪...

投稿者プロフィール

旅する子連れライター・ユウタ
旅する子連れライター・ユウタ
東京都港区在住の、1児のパパ。

会社経営の傍ら、東京をはじめ様々な場所を旅しながらライター業を行う。現在3歳になる息子がいる。

ちなみに息子は無類の電車好き。プラレール博やその他鉄道イベントは逃さず行くほど。鉄道好きな子鉄ちゃんがいるのであれば、きっとお役に立てるかと思います♪

また、旅行好きで色んな所を子連れで旅行しています。

◆子連れで旅行した場所
沖縄(ザ・ビーチタワー沖縄等)、那須高原(エピナール那須)、静岡(大井川鐡道)、熱海(リゾナーレ熱海)、箱根、福岡、熊本、長野(池の平ホテル)等。
ABOUT ME
旅する子連れライター・ユウタ
旅する子連れライター・ユウタ
東京都港区在住の、1児のパパ。 会社経営の傍ら、東京をはじめ様々な場所を旅しながらライター業を行う。現在3歳になる息子がいる。 ちなみに息子は無類の電車好き。プラレール博やその他鉄道イベントは逃さず行くほど。鉄道好きな子鉄ちゃんがいるのであれば、きっとお役に立てるかと思います♪ また、旅行好きで色んな所を子連れで旅行しています。 ◆子連れで旅行した場所 沖縄(ザ・ビーチタワー沖縄等)、那須高原(エピナール那須)、静岡(大井川鐡道)、熱海(リゾナーレ熱海)、箱根、福岡、熊本、長野(池の平ホテル)等。
3ヶ月で、家族3人分の【東京-沖縄】往復航空券をタダでゲットした方法、公開中

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください